導入事例

点群図鑑

2022.06.23
全業種

点群でDWG・DXFの3D変換

キーワード
#DWG・DXF #AutoCAD® #CAD3次元化 #基盤地図情報 #標高付け

現場のCAD図面を、WingEarthの点群に重ねて利用

AutoCAD®のDWGやDXFファイルなど、点群データとは別にすでに現場のCAD図面ファイルがある場合、あるいは生成できる場合、WingEarthで開いている点群にCAD図形を重ねて利用できます。
施工・維持管理時に使用する設計図面や測量図面、発注図面を利用してもよいですし、オープンソースである基盤地図情報ファイルなどをダウンロードしてCAD図形に変換、点群に重ねて現場の概況や位置把握に利用することができます。
WingEarthではCAD図形を重ねる際に、標高の自動計算が搭載されています。
たとえば図形データが2次元データの場合にも、重ねられた図形位置に点群の高さやメッシュの高さを照らし合わせた図形登録が可能です。

WingEarthで点群やメッシュをもとに標高付けされた図形データをAutoCAD®や各種設計アプリなどで利用するためにDWG・DXFに書き出し、基礎データとしての活用もできます。

こんな機能が役に立つ

  1. WingEarthへのDWG・DXF図形取り込み
  2. WingEarthからのDWG・DXF図形出力
  3. Wingneo®INFINITY基盤地図情報データファイル読み込み

長所

  • さまざまなCADデータを点群に重ねられる
  • 平面図のDWG・DXFを3次元化