製品・サービス PocketNeo®

現場・事務所での情報収集・管理を効率化。

現場での
使いやすさを追求した、
ハードとソフトの最強コンビ
「PocketNeo®

電卓やノートを手に現地で得た情報を収集すると、記憶に頼ることになったり、事務所に帰ってからデータを入力する手間が発生します。Pocketシリーズは、既にある情報を持ち出して、観測、計算、写真撮影、メモ登録といった情報を現地でプラス、質の高いデータをそのまま持ち帰ることにより、データ入力、計算等の手間や転記によるミスを大幅に削減します。事務所で使用していた測量システムのライセンスをPocketライセンスとして現場に持ち出すことも可能なため、作業フロー全体を通しコスト削減が可能なツールです。

製品特徴

現場・事務所での情報収集・管理を効率化。
  • 現場での付加価値の高い情報収集
  • 使いやすさを追求した設計
  • 持ちやすさを追求

  • 軽さを追求

  • 押しやすさを追求

  • 耐衝撃・環境設計

  • 防水・防塵

  • 事務所作業と連携可能

  • 見やすさを追求

  • 長時間駆動

  • 測量機器との連携

  • GPS受信

  • オートフォーカスカメラ搭載

  • わかりやすいインターフェース

PocketNeo®多角観測

PocketNeo®多角観測

  • A

    測量基本の観測メニュー

  • B

    線作図をしながら放射観測

地形データの収集や基準点測量の野帳収集をビジュアル化し、現地での座標化や地形結線の作図まで応用できます。

PocketNeo®水準測量

PocketNeo®水準測量

  • A

    水準3/4級メニュー

  • B

    水準観測の様子

現地で水準路線を作成し、比高式/器高式による水準測量3/4級観測が行えます。固定点間の比高差や往復距離差を常に把握しながら、レベルによる読定入力、電子レベルによる自動取得により、水準路線を仕上げることができます。

PocketNeo®縦横断<縦断観測>

PocketNeo®縦横断 縦断観測

  • A

    縦断測量メニュー

  • B

    縦断観測の様子

INFINITYの縦断野帳をPocketサイズで持ち出し、レベルやTSによる観測で直接野帳を入力できます。断面形状の確認や、往復観測差の点検も現地で完結でき、再測も回避、事務所での入力編集を大幅に削減できます。

PocketNeo®縦横断<横断観測>

PocketNeo®縦横断 横断観測

  • A

    横断の側点一覧

  • B

    INFINITYでおなじみの入力

INFINITY横断野帳の測点持ち出しや、縦断測点からの中心転送、手動での測点作成などができ、INFINITYで使い慣れたデータ項目による横断野帳観測が行えます。TS/レベル/ポール観測を自在に切り替えられる自由度の高い野帳入力で、プレピューを参考にデータ確認でき、構造物の情報もINFINITYで使っているコードをそのまま持ち出せます。

基本スペック(推奨環境)

対象OS Windows® Embedded Handheld6.5
プロセッサ(CPU) 1.5GHzデュアルコアCPU
メモリ(RAM) 512MBメモリ・4GBフラッシュROM
通信 Bluetooth® Ver.2.0+EDR

製品・サービス PRODUCT

製品・サービスのお問い合わせ

製品サポート

製品ご利用中の
お客様向けサポートです。

サポートトップへ