製品・サービス GrandBase

GrandBase

J-LandXML対応、
線形・縦断・横断計画作成
3次元ツール

「GrandBase」は、現況サーフェスや座標点などの3次元測量データを活用し、施工や維持管理へつながるJ-LandXMLの取込、作成および出力を行うアプリケーションです。
線形から縦断、横断、計画データのサーフェスの作成に対応しており、それら作成成果やJ-LandXMLから取り込んだ3次元設計データを計算書や図面による2次元表示や3次元ビュー上に表示して形状等の確認を行うことができます。属性等を付与し、最新版のJ-LandXMLで出力します。

主な機能

J-LandXML入出力

最新版となるJ-LandXML Version 1.5 の入出力に対応しています。

J-LandXML入出力
J-LandXML入出力

線形作成

線形作成

平面線形をプロット入力により作成することができ、取り込んだ座標点を使用するほか、現況サーフェス上をスナップし座標を取得することが可能です。
線形はIP法、または要素法で作成でき、2次元、3次元表示で確認しながら編集することが可能です。
No.ピッチや計算ピッチの設定、プラス杭やブレーキの追加にも対応しており、線形は平面線形図として出力することができます。

縦断計画作成

縦断計画作成

縦断計画は「計画高」や「VCL」などのパラメータ入力により作成・管理することが可能です。
三角メッシュから自在に縦断の現況を切り出すことができ、現況データと比較しながら、縦断計画を作成することができます。現況、計画ともに簡単に編集ができるようになっています。
また現況データと共に縦断図として出力することができます。

縦断計画作成

片勾配・拡幅編集

片勾配・拡幅編集

片勾配・拡幅を設定することが可能です。片勾配は円区間での設定と、左側(左車線)・右側(右車線)それぞれに任意の位置で設定できる任意横断勾配設定の二つの入力に対応しています。左右の道路幅に対する拡幅の設定も対応しています。

横断計画作成

横断計画を作成・管理することが可能です。
三角メッシュから自在に横断の現況を切り出した横断面に対して、現況と比較しながら横断計画を作成可能であり、横断テンプレートの編集、各断面を個々に管理・編集することもでき、構成の種別ごとに色を変更することでお好みの配色で表示することができます。
横断計画は現況データと共に横断図として出力することができます。

計画サーフェス作成

横断計画を作成した後、計画サーフェスを作成することが可能です。横断計画の種別ごとに色分けされ、道路を立体的に確認することができます。また、サーフェス色によって盛土・切土の判別が簡単にできるようになっています。サーフェス色を変更することができるのでお好みの配色で表示することができます。

計画サーフェス作成
計画サーフェス作成

計算書と図面の出力

計算書は「主要点計算書・中間点計算書・IP諸元計算書・縦断計算書・縦断成果計算書・横断勾配計算書」、図面は「平面線形図・縦断図・横断図」の出力が可能です。
作成した線形ごとに計算書・図面の出力ができます。また、計算書と図面では計算条件の設定、図面では「縮尺・表示項目の設定・注記」の設定ができます。

要素不足時のアラート表示

GrandBaseでは、名称未設定による要素不足があるときにはアラートでお知らせし、手戻りを防ぎます。

要素不足時のアラート表示

動作推奨環境(2024年1月現在)

対象OS Windows®10 Pro (64bit) / Windows®11 Pro
CPU Intel® Core™i7以上
メモリ(RAM) 16GB以上
ディスプレイ 1920×1080
ディスク空き容量 2GB以上
インターネット接続 必須
OpenGL OpenGL 1.1以上
Direct3d Direct3d 11.1以上