導入事例

点群図鑑

2022.06.23
測量設計コンサルタント

点群から縦横断現況の切り出し

キーワード
#WingEarth #DWG・DXF #横断 #測量設計ソリューション #線形データ #縦横断 #道路構造物

読み込み図形を線形・縦横断に活用

点群・メッシュをもとに作成した図形やDXF・DWGファイルの読み込み図形を線形・縦横断に活用できます。

WingEarthの特長

  1. 線形・縦断には「+杭」の追加機能が搭載されています。点群や図形から+杭位置を判定し、スナップによって「+杭」を決めることができます。区画結線やプロットなどの測量データを重ね、境界・幅杭位置などを+杭として登録することも可能です。
    +杭が必要かどうかの判定を目で見て、確認しながら決められるのがWingEarthの特長です。
  2. 編集した線形をもとに、縦断現況を切り出します。次に、点群・メッシュから切り出しを選択できます。
  3. 切り出した縦断現況は、縦断一覧に整理され「編集」により、3次元ビューを確認しながら縦断現況点の編集が可能です。また、線形と同様に縦断でも「+杭」の追加が可能で、現況データの編集中であってもスナップ位置を+杭登録できます。
    横断現況の切り出しを既に行っていれば、横断にも測点として転送することができます。
  4. 続いて、横断現況を切り出します。
    線形、縦断いずれかのデータがあれば点群・メッシュを対象に横断を切り出せます。
    平均化する計算幅、傾斜として判定する高さの変化量、左右の切り出し幅の数値設定が可能です。
    横断一覧により管理され、中心点ごとの変化点編集ができる専用ツールが搭載されています。

こんな機能が役に立つ

動画では、線形をもとにした縦横断現況の切り出しをご紹介しています。