導入事例

点群図鑑

2022.07.15
測量設計コンサルタント

点群と線形データの利活用

キーワード
#WingEarth #測量設計ソリューション #線形データ #縦横断 #Wingneo®INFINITY #LandXML #SIMA共通フォーマット #座標

線形データの活用【測量・土木・設計】


WingEarthの「3D PCP」点群の基本整形後、道路や河川の線形を利用する例です。

  1. 線形データは、測量設計アプリからのSIMA共通フォーマットや、LandXML形式の読み込みに対応します。(※書き込みにも対応します。)
  2. 線形データは複数管理でき、点群や図形を参照した「+杭編集」や縦横断現況の切り出しに連携できます。
  3. 取り込んだ線形や縦断には、点群から「+杭」位置を判定し、中心点として採用することもできます。
    線形・縦横断の編集過程でも自由に「+杭編集」し、相互にデータ連携できるのもWingEarthの特長です。
  4. また、WingEarth上でIP点を指定し、WingEarth上で線形を作成できます。
  5. 点群や測量座標の管理とは別に一覧性に優れた線形データとして管理されます。
  6. WingEarth上での線形作成では、IP点の移動や直線・R(半径)・A(クロソイド)を考慮した線形が点群上で作成できます。
    また、距離標を生成する河川モードでの線形作成にも対応します。
  7. また線形作成では、CAD図形から1クリックで線形を作成するモードも搭載され、側溝・水路などの図形を選ぶだけでで手軽に線形を作成し、縦横断が切り出せます。
  8. 線形・縦断・横断・断面はそれぞれ専用データとして格納され、全体・個別での表示ON・OFFが可能です。
  9. 現場内の線形は一覧表示でき、個別のデータ確認や、表示切り替え、要素確認が可能です。
こんな機能が役に立つ!

動画では、縦横断の切り出し利用を想定した線形データの読み込みや作成、「+杭」の追加機能、線形データの一覧性についてご紹介しています。