導入事例

点群図鑑

2022.06.23
測量業

点群を使った平面図作成

キーワード
#CAD連携 #Wingneo®INFINITY #平面図 #数値地形図

点群と平面図作成

点群をもとにした地形等平面図作成を試みると、必ず以下の利点、同時に難点に向かい合うことになります。

3次元点群ビューイングでの平面図作成における利点と難点【WingEarth】

点群ビューイング上で平面図を作成しようとする場合、点群内を自由にビュー移動し、詳細な地物の点群が確認できます。樹木に隠れた部分やガードレールの支柱など、平面表示では隠れてしまう箇所も点群内のビュー移動で明らかにでき、詳細に図形作図することができます。
反面、平面編集を得意とするCADでのオルソ画像背景であれば、簡単に位置の特定ができるような箇所でも、その場所への正確なビュー移動操作が必要になります。

2次元CADでの平図面作成における利点と難点【Wingneo®INFINITY】

点群から生成した平面オルソ画像を背景に、トレース感覚で地形図式の配置や結線作図が可能となります。測量データや基盤地図情報を重ねたり、豊富な図式と凡例・表・土地の情報、座標計算などを容易に組み合わせた図面作成ができます。
反面、指定した解像度で作成したオルソ画像では、部分的に細かく確認したい場合や、樹木・家屋の屋根、構造物の地表位置の確認ができない場合には「点群から図形構成したい」ケースが発生します。

「WingEarth平面図連携」では、INFINITYでの平面図加工時、地形図式の配置や結線作成のコマンド起動後、構成点指示がINFINITYでもWingEarthでもどちらでも指示できるようになります。
2つのアプリはコマンドレベルで通信し、左右2画面での作業では、どちらの画面でスナップしていっても図式の結線作成ができます。3次元ビューでのクリックが平面図の構成点として反映されたり、平面図での構成点指示がその場で点群上に3D表示されます。

INFINITYで平面図を仕上げると同時に、WingEarthの3次元点群上にも図形作図されることで、平面図作成の品質を上げながら作業の進捗も明確にし、点群上での高さつきの図形登録や、点群の高さをプロットや数値地形図に反映できるようになります。平面と3D双方の価値を同時に上げることができ、作業コストを大幅に軽減できるのが「WingEarth平面図連携」です。

こんな機能が役に立つ

点群をもとに地形などを模式化した平面図を作成したい!
測量CAD「Wingneo®INFINITY」の得意とする平面図作成のためのコマンド群が、点群編集アプリ「WingEarth」のなかで操作できる「平面図連携」によって解決できます!

長所

WingEarthの点群編集とWingneo®INFINITYの平面図作成で2アプリ同時作図!大幅なコストカットが可能に